本文へ移動

ほづみだより

新春の集いをしました

2024-01-20
 新年の恒例行事になっている新春のつどい。この日は、保育者も子どももちょっとドキドキしています。子どもたちは、獅子舞が来るのでちょっと怖いどきどきとでも噛んでもらいたい(無病息災)というわくわくと。そして、保育士はおかめ、ひょっとこの初笑いと羽子板大会、こままわし、獅子舞の舞をするのでどきどきです。
 当日は、そのドキドキを感じさせないくらい楽しいつどいになり、子どもたちも大笑い。獅子舞も華麗な舞(ちょっとおとなしめ)を披露し、子どもたちも噛んでもらって楽しい時間を過ごしました。

劇団風の子さんに来てもらいました

2024-01-20
 テレビ、ゲーム、スマホとデジタルのものがたくさん出てきている中で、私たちは、肌で体感できるものを大切にしたいと思っています。その一つとして、劇団の方に来てもらい公演を行ってもらっています。
 今回の公演は『むすんで ひらいて とびだした ひろがれ つながれ いのちのうた』でした。子どもたちは、演じ手の声や、表情、音楽、物語、いろいろな仕掛けなどいろいろな楽しみ方でいっぱい笑顔になっていました。今回は、地域の方も来てもらい、いっぱいの笑顔でその会場があふれかえっていました。

サンタさんが来たら、すぐにお正月準備です

2023-12-28
 12月になると、保育園はクリスマスムードになります。5歳児がクリスマスツリーを飾り、飾りには自分たちで作った飾りを飾り付けをします。また、小さいクラスの子どもたちは、サンタさんに来てもらうために、5歳児にお手紙を書いてもらいます(内容を考えて、手紙は保育士が作成します)
 そして、当日までは、各クラスがクリスマスのかざりをつくり、5歳児は当日の出し物の練習をしています。
 当日、5歳児の劇『あのねサンタの国ではね』をしました。また、今年は、保育士によるハンドベルの演奏会もしました。そして、いよいよサンタさんの登場です。子どもたちは待ちに待ったサンタさんに大喜び。
 とても楽しいクリスマス会でした。
 クリスマス会が終わると、お正月の準備になります。毎年、おもちつきをして、鏡餅を作ることをしています。みんなが、健康で来年も一年過ごせますようにという願いを込めてしています。
 職員が、順番にもちつきをします。杵を振り上げ、力いっぱい突き上げていきます。〇〇せんせいがんばれと声援とよいっしょと掛け声をみんなでして大盛り上がりでした。

収穫の秋です

2023-11-30
 秋といえば食欲の秋。
というわけではないですが、ほづみ保育園の農園に今年も、さつまいもができました。今年も不作かもと心配しつつ(異常気象に悩まされる)収穫の日が来ました。いものつるをリースにするという5歳児の要望があったので、つるひきから子どもたちにしてもらいました。みんなでひっぱって綱引きのように、声を掛け合いがんばりました。今年は、サイズはいいのもあったけど、個数がいまいち。悩みどころです。
 
 そして、いつも行かせてもらっている郡のミカン農園にも行きました。今年はカメムシの大発生で、みかんを食べてしまって大変だったということでここにも異常気象の影響が。しかし、こどもたちは、みかんはとてもおいしくて何個も何個も食べていました。すこし、場所までは距離もあるのですが、元気いっぱい行きかえり歩いていくことができました。

運動会 ひとつ大きくなりました

2023-10-31
 いつも感じますが、行事を終えると、なぜか子どもたちが、大きく成長したように感じます。やっぱり、友だちと一緒に考え、励まし合い、がんばったことが子どもたちの達成感になるんだろうなと思います。
 今年のオープニングは花笠音頭を5歳児が踊りました。とても華やかで力強い踊りを子どもたちもとても楽しそうに踊っていました。
 
0歳児は、初めての運動会。広いグランドでまわりにはたくさんの保護者の方が見守る中、大好きな先生と一緒に、斜面に登ったり、滑ったり、手を振ったり普段遊んでいる姿を見てもらいました。
 1歳児は、ぞうグループは段ボールの輪っかをいろいろなものに見立てて遊びました。うさぎグループは、筒状でドーナツ型のおもちゃで、摘んだり、崩したり、のぞいたり、保育者のまねっこもしながらあそびました。また、体育遊びでは、うまくバランスをとって、斜面を降りたり、台の上によじ登って遊びました。
 
2歳児はごっこ遊びを楽しみました。青グループは、『20ぴきのねずみのおいしいあき』を赤グループは『10ぴきのかえるのあきまつり』という絵本を世界を借りてごっこあそびを楽しました。それぞれ、さつまいもをとるために、おかえるさま(おみこしのかざり)を取り戻すためにいろいろ試行錯誤しながら、みんなでその世界をたのしみました。
 また、体育遊びでは、鉄棒の足抜き回り、ちょっと高い所からのジャンプを楽しみました。日頃、さんぽなどを楽しんでとても足腰が強くなったところを見てもらいました。
 3歳児は、『とんぼのうんどうかい』の劇ごっこを楽しみました。とんぼになったり、ギャングこうもりになったりいろいろな役を楽しめるのがとても楽しかったようです。力を合わせて袋を抜け出せたときは本当に嬉しそうでした。また体育遊びでは、2歳児よりももう少しだけ高い所からジャンプと、鉄棒の前回りをしました。

 4歳児は、『西遊記』の劇をしました。孫悟空になって散歩に出かけたり、芭蕉扇を使って牛魔王ごっこをしたり、その世界で日常も遊んでいました。体育遊びでは、鉄棒、うんてい、ぼうのぼり、跳び箱といろいろな遊びを楽しんでいく中、当日は、うんていと跳び箱を楽しみました。うんていの練習中、友だちが途中で落ちそうになった時に、「がんばれ」とみんなで応援して頑張っていました。
 5歳児は、『さるかにばなし』の劇をしました。それぞれの役になりながら(練習中はどの役もみんな楽しみます)カニの気持ち、子ガニの気持ち、石臼、くり、うしのふん、はち、サルの気持ちを考えて、みんなで劇をつくりました。体育あそびでは、毎日がんばって練習した竹馬(乗れなくて悔しかった友だちに、頑張ったらできるよと励まし合い、みんなでのれるようになった)、なわとび、そして板飛びをがんばりました。板飛びは不安定な板の上を乗り越えていくために、自分の気持ちにも打ち勝たないといけないし、そのために友だちの応援を糧にして頑張れる気持ちが本当に芽生えたと思います。
 
こうして、運動会の当時は終わったのですが、実際は、当日は結果ですが、その過程が大切だと思います。人に寄り添い、励ましながらみんなで高まっていく日々の姿がこれからの生きていく力になればいいと思っています。
社会福祉法人 穂積福祉会
〒567-0036
大阪府茨木市上穂積2丁目3-45
TEL.072-627-5200
FAX.072-623-9100

ほづみ保育園
〒567-0036
大阪府茨木市上穂積2丁目3-45
TEL.072-627-5200
FAX.072-623-9100

なかよしわんぱく保育園
〒567-0037
大阪府茨木市上穂東町1番13号
TEL.072-627-2021
FAX.072-625-0491

水尾保育園
〒567-0891
大阪府茨木市水尾1丁目12番15号
TEL.072-635-8350
FAX.072-635-1931
TOPへ戻る