なかよしわんぱくだより

散歩で春を感じています

入園進級祝う会を終えて、散歩にでかけ始めました。

今年は気持ちのいい日が続き、各クラスが春探し散歩を楽しみました

DSC01547.JPG

「おはなさいてるかな?」「これ、なんていうおはなかな」といいながら夢中になって探し、見つけたものをみんなでみます

桜やたんぽぽ、つくしやよもぎなどいろいろな春の植物に出会いました

DSCN2790.JPG

公園では身体もたっぷり動かします

「ひとつおおきくなった!」うれしい気持ちで走り方もかわります

今年もたくさん散歩に行きます

DSCN2754.JPG

  • hodumi | 
  • 2019-04-16 11:21

なかまと一緒に大きくなりました

3月16日、卒園式と保護者とともに子どもたちの1年間の育ちを確認し合う修了リズムを行いました。

子どもたちはどの子も友だちと一緒に笑ったり、泣いたり考えたりしながら

この1年間でいっぱい心も身体もたくさん使って大きく育ってきました。

CIMG4121.JPG

修了リズムでは5歳児が「竹踊り」をしました

みんなで気持ちとタイミングを合わせてとぶ楽しさを感じました。

CIMG4198 (2).JPG

5才児はいよいよ小学校です。

なかまの中で育ってきたことを自信にしてこれからも大きくなってほしいです

小さいクラスも大きい子どもたちにあこがれて育っています

D.jpg

これからもなかまと一緒に大きくなっていってほしいです

DSC01363.JPG

卒園修了おめでとう

DSC01409.JPG

  • hodumi | 
  • 2019-03-24 17:46

生活発表会を行いました

2019を年2月9日に生活発表会を行いました

子どもたちが友だちと一緒にたのしんであそんでいる姿を見てもらい、

保護者のみなさんに見守ってもらうことで子どもたちがうんと自信をつけて成長する日でもあります

DSC00452.JPG

お友だちや先生と同じようにするのがうれしい0才ありんこぐみ

DSC00475.JPG

大きいクラスになるとみてもらうことを楽しみにします

「お母さんにみてもらうねん」とはりきります

P1050317.JPG

5才児になると役になりきって心情を考えて劇を作っていきます

みんなで考え合うことで仲間の関係もとても強くなっていきます

発表会が終わって次の日には、「おかあさんがほめてくれてん」「かっこよかったっていうとった」

と目を輝かせていた子どもたちでした。

  • hodumi | 
  • 2019-02-16 10:54

2019年度 2月11日 採用試験のご案内

2019年度 採用試験のご案内

開催日     2019年2月11日(月)AM1000から

場所      ほづみ保育園  ホール(茨木市上穂積2-3-45)

採用人数    法人内で2から3名(2019年4月採用)

勤務場所    ほづみ保育園・なかよしわんぱく保育園・水尾保育園

        3園のいずれか

*採用試験に際しては、随時施設見学を予定しています。

事前にご連絡いただけたら日程調整をします。体験も受け入れています。

*その他詳細は別紙求人申込票をご参照ください

(法人本部連絡先)茨木市上穂積2?3?45

担当 坂手 佳子  電話 072-627-5200 FAX 072-623-9100

採用試験のご案内.pdf 

求人パンフレット.pdf

常勤保育士・土曜日パートを随時募集中

常勤保育士

採用人数    法人内で2から3名(2019年4月採用)

        対象者(新卒および経験者)

勤務場所    ほづみ保育園(茨木市上穂積2-3-45)

        なかよしわんぱく保育園(茨木市上穂東町1-13)

        水尾保育園(茨木市水尾1-12-15)

        3園のいずれか

詳細は、ファイルを参照してください。

土曜日パート  

勤務地 ほづみ保育園

勤務時間 8:30から17:00 もしくは 9:00から17:30

詳しくは、電話 もしくは メールにて

  • hodumi | 
  • 2019-01-07 18:57

平和ってどんなこと?

8月9日になかよしわんぱく保育園の「平和のつどい」を行いました。

子どもたち、大人たちも自分たちが思う「平和」をあらためて振り返り考えました。

5歳児たいようぐみは、この間いろいろな戦争や平和に関わる本を読んでもらったり、話を聞いたりしてきき、

その中で自分が思う「平和」について絵をかき、お話しにしてみんなの前で発表しました。

IMG_0017.JPG毎日の生活から今の平和を感じる子、戦時中の動物たちのことから感じる子、様々で

すがそれぞれに考えたことが伝わってきます。

たいようぐみの子どもたちは、その後、戦争体験者の方に、戦時中のお話を聞かせて

もらうことができました。ジッと聞き入ったり、保育者に寄り添いながら聞いている

子もいて、たくさんのことを感じ、考えたようです。

保育園のホールでは5歳児の絵をホールに飾って読んだり、お母さんたちと

作ったタペストリーを飾っています。

「子どもたちにとって平和ってどんなこと?」は子ども目線で、「そのために大人が

できるのはこんなこと」というのは大人たちが一人ひとり自分たちにふりかえって改

めて考え、書き出し合いました。DSC08386.JPG

「笑顔で過ごすこと」「毎日のごはんをきちんと作る事」「世の中で起こっ

ていることを知る事」「話し合う事」などたくさんの思いが集まりました

お迎えに来たお母さんたちからは子どもたちの絵を見て「こんなふうに感じ

ているんですね」「お話からこんなふうにうけとめるんですね」とたくさん

の声がありました。

あらためて平和を考えた取り組みでした。

  • hodumi | 
  • 2018-08-13 13:54