みずおだより

地域教室(めだか)あかちゃん教室(プレママ教室)のお知らせ

 今年度も地域園庭開放(めだか)を行います。保育園に通っている1歳児・2歳児クラスの子どもたちとも一緒に遊べます。予約も費用も要りませんので、お気軽に遊びに来てくださいね。

・4月25日(木) 制作「こいのぼりをつくろう」

・5月 9日(木) ・5月16日(木) ・5月23日(木) ・5月30日(木)

・6月 6日(木) ・6月13日(木) 

・6月20日(木) 人形劇(無料、予約不要)

・6月27日(木)

※全日程10:00?始まります。

あかちゃん教室について(プレママ教室・・・今年初めての取り組みです。気軽にご参加ください)

 ※満1歳ぐらいまでのこどもさんが対象です ※定員5名 ※予約制(3回コース) ※費用は要りません

 ※全日程10:00?始まります

・5月15日(水) 発達の話と簡単おもちゃ作り

・5月22日(水) ベビーマッサージ

・5月29日(水) 離乳食体験

・6月14日(金) 発達の話と簡単おもちゃ作り

・6月21日(金) ベビーマッサージ

・6月28日(金) 離乳食体験

電話での予約を受け付けていますので、園の方までお電話ください。

  • hodumi | 
  • 2019-04-23 16:36

外がきもちいい

外に出て遊ぶのが気持ちよい季節ですね。

近くの公園にたくさん散歩に出かけて、身体いっぱい使って、給食を食べて、ぐっすり眠って。子どもたちは毎日全部の力を発散させます。

今日はめろんぐみが散歩に出かけました。近くの公園まで友だちとしっかり手を繋いで、間があかないように歩きます。信号もみんなで確認して渡ります。


DSC05038.JPG
上手に歩けるよ

DSC05039.JPG信号もみんなで渡れるよ

DSC05045.JPG

公園の広いグランドを走ります。鬼ごっこ、先生に負けないぞ

DSC05052.JPG公園にある山だって登れるよ

 日替わりでたくさんのクラスが散歩に出かけています。明日はどこに行こうかな。

  • hodumi | 
  • 2019-04-22 15:35

春を感じる

 2019年度がスタートして2週間が経ちました。今年から水尾保育園に来た子どもたちも、少しずつ保育園に慣れ友だちと一緒に遊ぶ時間が増えてきました。

 暖かい日が続き園庭に出たり散歩に出かけたりと、たくさん春を感じています。園庭にもダンゴムシやミミズがたくさん出てきて、子どもたちはあちこち探しまわっています。

DSC05019.JPG「だんごむしいるかな?」「ここにいたね?」と会話が聞こえてきそう

こんな風に木陰があって、ちょっと大人の目から隠れて遊べる場所が子どもたちは大好きです。虫が出てきたり、花が咲くのを見て、子どもたちは?春?を全身で感じていくんですね。

 この他、園庭の木々も実をつけ膨らみ始めています

DSC05018.JPGさくらんぼの実が膨らんできました。大きくなったら今年もみんなで食べられるかな?

畑の野菜も大きく育ってきています

DSC05022.JPG昨年度のさくらんぼぐみが植えた玉ねぎが大きくなってきました。豊作まちがいなし

DSC05021.JPGじゃがいもも土の中で大きくなっていることでしょう

  • hodumi | 
  • 2019-04-17 10:00

入園・進級おめでとうございます

春らしい暖かい日が多くなりましたね。4月6日(土)に水尾保育園 入園・進級を祝う会をしました。

36名の新しい友だちを迎え、160名でスタートし1週間が経ちました。泣いていた0歳児クラスの子どもたちも、少しずつミルクを飲んで離乳食を食べて、遊ぶ時間が増えてきました。春がきたなぁと嬉しく思います。

年長児さくらんぼ組の子どもたちは、3月の卒園式で「保育園のことはまかせたよ」と引き継がれ、はりきりに満ちた1週間を過ごしていました。今日の入園・進級を祝う会では、保育園の1年間をうたと動きで発表しました。少し緊張した表情でしたが、堂々とした姿でした。

DSC04993.JPG

3月31日?4月1日と一日で何が変わるのだろう?と大人は思いますが、子どもたちの心の育ちというものは本当に驚かされます。

今年1年さくらんぼぐみを先頭に楽しい一年を過ごしたいと思います。

  • hodumi | 
  • 2019-04-06 10:56

2018年度卒園式

3月16日(土)に2018年度の卒園式をしました。

DSC04910.JPG

 卒園する子どもたちは、4月からは小学生になるんだ、という凛々しい顔で、自己紹介も卒園の言葉も、誇らしげに言っていました。在園児は4歳児のおれんじ組が園を代表して出席し、次は自分たちがさくらんぼになって保育園のことをするんだと期待に溢れていました。

 式の後は、修了リズムです。水尾保育園で、友だちと嬉しいことも楽しいことも、時には悲しいことも、友だちとたくさん共有し、共に大きくなってきた子どもたちの最後のリズムはとてもかっこよかったです。

DSC04946.JPG

DSC04957.JPG

 卒園の取り組みの中で、担任が最後に子どもたちへ何を伝えたいか考え「オキクルミと悪魔」というアイヌ文化の歌劇に取り組みました。アイヌの言葉の中にハラカラという言葉があります。ハラカラとは同志、仲間という意味があります。これまで一緒に大きくなってきた友だち、仲間と小学校では離ればなれになるけれど、いつまでもこのハラカラを大切にてほしいと思い取り組みました。

 最後の『オキクルミと大いなる悪魔との闘い』のうたをうたう子どもたちの姿を見て、これで小学校に送り出すことができると感じました。4月から小学校へ行くと、新しい環境になります。楽しいことも困ったこともあると思いますが、また新たな仲間の輪を広げ、仲間と手を繋ぎ、強く賢いオキクルミのように生きていってほしいと思います。そして元気な姿を見せに、いつでも帰ってきてほしいと思います。

卒園おめでとう

  • hodumi | 
  • 2019-03-18 10:56

2019年度 2月11日 採用試験のご案内 

2019年度 採用試験のご案内

開催日     2019年2月11日(月)AM1000から

場所      ほづみ保育園  ホール(茨木市上穂積2-3-45)

採用人数    法人内で2から3名(2019年4月採用)

勤務場所    ほづみ保育園・なかよしわんぱく保育園・水尾保育園

        3園のいずれか

*採用試験に際しては、随時施設見学を予定しています。

事前にご連絡いただけたら日程調整をします。体験も受け入れています。

*その他詳細は別紙求人申込票をご参照ください

(法人本部連絡先)茨木市上穂積2?3?45

担当 坂手 佳子  電話 072-627-5200 FAX 072-623-9100

採用試験のご案内.pdf 

求人パンフレット.pdf

常勤保育士・土曜日パートを随時募集中

常勤保育士

採用人数    法人内で2から3名(2019年4月採用)

        対象者(新卒および経験者)

勤務場所    ほづみ保育園(茨木市上穂積2-3-45)

        なかよしわんぱく保育園(茨木市上穂東町1-13)

        水尾保育園(茨木市水尾1-12-15)

        3園のいずれか

詳細は、ファイルを参照してください。

土曜日パート  

勤務地 ほづみ保育園

勤務時間 8:30から17:00 もしくは 9:00から17:30

詳しくは、電話 もしくは メールにて

  • hodumi | 
  • 2019-01-07 18:55

新年あけましておめでとうございます

 新年あけましておめでとうございます

 本年もよろしくお願いいたします。

  • hodumi | 
  • 2019-01-01 09:00

今年も一年間ありがとうございました

 年末12月27日にお餅つきをしました。今年は、ただ餅つきをして食べるだけでなく、子どもたちに文化を伝えることが私たち保育者の役割ではないかと話をして、5歳児の子どもたちと鏡餅を作ることにしました。なぜ鏡餅を作るのか?子どもたちにもちゃんと伝えて、5歳児がついてお餅で鏡餅を作りました。

DSC04320.JPG

DSC04312.JPG

 DSC04337.JPG

 もう早いもので、2018年も終わります。今年は、地震に台風など、災害続きの一年でした。保育園も休園せざるを得ない状況などもあり、様々なことがあった一年でした。その中でたくさんの方に支えられて、子どもたちが元気に毎日を過ごすことができました。ありがとうございました。

来年もどうぞよろしくお願いします。

よいお年を

  • hodumi | 
  • 2018-12-31 09:00

雪山にあそびにいってきました

5歳児さくらんぼぐみが、12月21日に六甲山スノーパークにそり滑りに行ってきました。

今年は暖冬という事で自然の雪はありませんでしたが、子どもたちは雪が見えると、「ゆきがあった」と大喜びしていました。

DSC04083.JPG

DSC04199.JPG

 そり滑るするのは初めてという子もいて、最初はブレーキをかけるのが早すぎたり、なかなかまっすぐ滑ることができなかったりでしたが、何度も滑るうちにまっすぐ滑り、ブレーキのタイミングもバッチリになっていきました。

 そりをもって何度も登っているうちに汗が出る子もいて、雪はすくなかったですが、そり滑りをする子どもたちにとっては、いいお天気で楽しめました。

DSC04163.JPG

 お昼ご飯も、いつもと違い、レストランのカレーだったので特別感があってとても喜んでいました。

  • hodumi | 
  • 2018-12-28 11:07

劇団「風の子」

今年も劇団「風の子」が保育園に来てくれました。全国各地にある劇団ですが、今年は東京から2名の方が来て「ポロロンシアター げんきかーい」というお話をしてくださりました。オルゴールの音色に合わせてお話が進み、子どもたちは夢中になって見ていました。表情や動き一つひとつが子どもたちの心をわしづかみにして、大笑いを誘っていました。終わった後も、すぐにお話に出てきた言葉やうたを口ずさんでいました。毎年感じますが、本物の文化というものを子どもたちは感じ取ることができるのだろうと思います。

DSC03934.JPG

  • hodumi | 
  • 2018-11-30 12:10

ドッヂボール大会 準優勝

11月11日(日)に茨木こどもまつりがありました。

 そのこどもまつりの中で、5歳児のドッヂボールがあります。運動会が終わった後は毎日のように園庭に出ると「ドッヂボールしよう」と試合をしていました。体育指導の中でも、ボールの投げ方やよけ方、受け方など、基本的なことから教えてもらいました。

 当日はその成果もあり、一回戦から全部勝利し、いよいよ決勝へ。惜しくも決勝戦は負けてしまい準優勝でしたが、みんなで力を合わせて頑張りました。「ゆうしょうしたかった」「さいごまけてくやしかった」と次の日の報告会では多くの子どもが話していました。でもみんなで頑張ったという事。悔しい思いをみんなでしたことは、子どもたちの自信になったことと思います。CIMG0845.JPG

  • hodumi | 
  • 2018-11-29 11:46

5歳児一泊保育

 9月1日(土)・2日(日)に5歳児の一泊保育がありました。

 一泊保育をの取り組みでは『いたずららっことおなべのほし』という絵本の世界で楽しみ、星や星座に興味を持ちました。一泊保育をみんなで頑張るために「Tシャツづくり」をして、そのTシャツも星空をイメージして、一人ひとり好きな星座をスタンプして作りました。そのTシャツを着て大阪市立科学館へ行きました。

DSC03426.JPG

 大阪市立科学館ではみんなでプラネタリウムを見ました。自分たちがたくさん調べた星座や、太陽や火星など知らないこともたくさん見てとっても楽しい時間になりました。

DSC03581.JPG 保育園に帰ってきてからは、全部自分たちでします。夕食は「いたずららっことおなべのほし」に出てくる、天の大男の大好物「天の大男のスープ」です。包丁で野菜を切り、魚の形の型抜きをして、大鍋でぐつぐつ煮て作りました。「おおおとこ、まいにちこんなすーぷのんでるんかな?」「すーぷ、めっちゃおいしいなぁ」と大満足でした。

 その後はお楽しみのキャンプファイヤーです。ここからは保護者の方も参加しました。DSC03592.JPG

 沖縄のクイチャーという踊りです。保護者の方も子どもたちには内緒で練習して披露してくれました。そのあとは子どもたちも一緒に踊りました。
DSC03611.JPG

それから 子どもたちが楽しみにしていた花火もお父さん・お母さんがしてくれました。

 花火が終わって、あとはみんなで寝るだけだと思っていましたが...どこからか天の大男の声がしてきました。大男がなくして困っていたおなべの星を見つけたお礼にプレゼントがある地図を部屋に置いているというのです。

DSC03626.JPG大急ぎで部屋に戻って、みんなで地図を見てみることにしました。そして朝になったら探しに行こうとみんなで寝ることにしました。

恐かったけれど、みんなで泊まって、宝も見つけて、楽しいことがいっぱいの一泊保育になりました。月曜日には、他のクラスにも「みんなで一泊できました」と報告をして、拍手をいっぱいもらいました。

 初めて家を離れて寝る子もたくさんいましたが、友だちがいるから頑張ろうとみんなで一泊できたことが自信になりました

  • hodumi | 
  • 2018-09-03 17:12

秋が近づいてきました

 毎日暑い日が続いていますが、園庭の木々をよく見てみると、果物の木が実をつけ始めています。少しずつ秋が近づいているんですね。

DSC03123.JPG

乳児園庭のぶどう

DSC03121.JPG

園庭のふでがき


DSC03125.JPG

乳児園庭のいちじく


DSC03120.JPG園庭のざくろ

 残暑厳しいですが、少しずつ過ごしやすい日が増えていってほしいですね。子どもたちと自然を通して "秋" をたくさん感じていきたいと思います

  • hodumi | 
  • 2018-08-17 14:57

平和の日のつどい

今日8月9日は 73年前に長崎に原爆が投下された日です。

 水尾保育園では、毎年、8月6日(広島)・9日(長崎)の原爆が投下された日に合わせて、子ども、保護者、保育者が平和について考える、平和の日のつどいをしています。

 今年は5歳児の担任の思いで、沖縄の文化や風土、沖縄に住む人々の生き方から、平和とはなにか?子どもたちと考えてきました。

 沖縄と言えば、"海がきれい""食べ物がおいしい""エイサー""明るい人柄"などなどのイメージがあるかもしれません。ですが、歴史をたどれば、太平洋戦争では日本で唯一の地上戦が行われ、たくさんの民間人が犠牲となった、凄まじい過去があります。それでも、沖縄本来の文化や風土を根底に人々は立ち上がり、現在の沖縄があるのです。今ある、明るく楽しい、自然豊かな沖縄だけを伝えるのではなく、歴史も含めた沖縄の文化というものを伝えるため、5歳児の子どもたちと考えました。

DSC03116.JPG 入り口は『へいわってすてきだね』という絵本にしました。この絵本は沖縄県の小学1年生 安里 有生くんが書いた詩に、長谷川義史さんが絵を付けたものです。文化を伝える中で、過去の歴史も沖縄では語り継がれているのだということが、読めばすぐにわかります。そして、小学一年生の子がこんなに平和について率直に考えられるんだということにも驚かされます。ここから沖縄ってどんなところなんだろう?と子どもたちはたくさん調べて考えました。

 5歳児が調べたり、考えたことをペープサートにしてみんなの前で発表しました。そしてもう一度みんなで『へいわってすてきだね』を読みました。改めて"平和ってどんなことだろう?"と考え、発表もしました。「けんかしても、すぐになかなおりができること」「おいしいたべものがたべられること」「せんそうがないこと」「みんなであそべること」など、子どもたちが考える「平和」を話していました。本当にそうだなと思うことばかりでした。大人が教えるのではなく、子どもたちがいろいろな事を考え、一人一人の「平和」ってこんなことだと感じることが大事なのだと、毎年この取り組みを通して考えられます。そして大人である私たちも「平和」とは何なのか?戦争がなければそれで平和と呼べるのか?日々考え向き合っていかなければいけないことだと強く感じました。

DSC03105.JPGDSC03106.JPG

 大人もこれを機会に学び、平和について考えるために、沖縄の歴史を壁新聞にして貼りだし、保護者と一緒に、平和へのメッセージを書き、沖縄のきれいな海にいるサンゴ礁をかたどった「平和のサンゴ礁」を作りました。そしてホールには平和の象徴である、折り鶴を飾っています。平和っていったい何だろう?大人が追求し、子どもたちと考えていくことが、大人である私たちの責任であると思います。

DSC03103.JPGDSC03102.JPG

  ↑壁新聞

←折り鶴がホールを飾っています

DSC03104.JPG

                            平和のサンゴ礁→

給食からは、5歳児の子どもたちの考えた沖縄の文化に合わせて、沖縄の料理の グルクン(沖縄の魚)の野菜蒸し 沖縄豆腐(ゆしどうふ)の入ったおつゆを変更して作りました。おやつはサータアンダギーでした。


DSC03114.JPG

  • hodumi | 
  • 2018-08-09 09:43

交通安全教室

7月31日、3,4,5歳が交通安全教室のお話を聞きました。道路を歩く時の注意事項を聞き、歩行訓練もしました。

DSC03065.JPGDSC03055.JPG

DSC03068.JPG

  • hodumi | 
  • 2018-08-03 13:50

7月の保育園

園庭の果実

今年も園庭や畑で野菜や果物がたくさん実り、子どもたちと収穫をしていただきました。

すももは幼児の子どもたち(2?5歳児)が一つずつ食べられたので、100個以上の実をつけました。甘酸っぱくておいしかったです。

DSC02976.JPG

今年、5歳児担任が「畑でスイカを育てたい」というので、初挑戦したスイカ。受粉をしてから「スイカできるかな」と子どもたちも楽しみにしていました。なんと、3玉のスイカができました。赤くてとても甘いスイカでした。

DSC02972.JPG

プールでいっぱいあそんでます

7月は今までになく暑い日が続き、園庭に出てあそぶことができなかったのですが、安全面に気を付けながらプールには入っています。「気持ち良かった」「顔つけられたよ」と楽しんでいます。

DSC03022.JPGDSC03038.JPG

きれいな夕日に思わず...

暑い日が続いていたある日の夕方。ホールの窓からきれいな夕焼けが見えたので、延長保育で残っていた子どもたちとウッドデッキに出て夕涼みをしていました。

DSC03050.JPG

  • hodumi | 
  • 2018-08-03 13:12

みんな元気いっぱい

 6月18日の地震から1週間が経ち、ガスの復旧など、やっと通常保育に戻ることができます。今日からは、ほとんどの子が元気に登園し、友だちと楽しそうに遊ぶ姿が印象的でした。

 6月いっぱいを目途にお休みにしている、地域教室・一時保育事業ですが、来週7月2日(月)から再開をいたします。一時保育時用の面接などは今週から受け付けています。

  • hodumi | 
  • 2018-06-25 16:54

一時保育・地域教室について

6月18日(月)に発生した地震により、6月いっぱいの一時保育事業・地域教室については、お休みとさせていただきます。

  • hodumi | 
  • 2018-06-22 15:39

地域教室について

6月18日(月)に発生した地震による影響で、21日(木)に予定していました、人形劇、および地域教室をお休みにします。

  • hodumi | 
  • 2018-06-19 14:56

一時保育について

6月18日(月)に発生した地震の影響により、今週いっぱい6月22日(金)までは、安全確保を最優先に考え、一時保育をお休みにします。

  • hodumi | 
  • 2018-06-19 14:45

第6回 水尾保育園 春まつり

5月27日(日)に第6回水尾保育園春まつりをがありました。

DSC_9266.JPG(年長5歳児ぐみが作った素敵な横幕)

 穂積福祉会が民営化を受託してからまる10年が経った今年は、今までの10年間のOBの方もお招きしました。園庭がお客さんでいっぱいになるほど大盛況でした。

 オープニングは5歳児によるうた「せいかじゅうのこどもたちが」と「ともだち」でした。このうたは、今年8月に大阪で開催される全国保育団体研究集会のオープニングで子どもたちがうたうものです。お父さん・お母さんも"合研"に一緒に参加しようと、園全体でも盛り上がっています。5歳児だけでなく、どのクラスの子どもたちも大好きになってうたっています。

P1210258.JPG

それからもう一つ、合研のオープニングで踊る"河内音頭"も一緒に踊りました。保護者の方も「懐かしい」「知ってる」と声が上がっていました。

DSC_9303.JPG

保護者会のお父さん・お母さんがお手伝いしてくれた「あそびコーナー」

DSC_9316.JPG

DSC_9316.JPGOBが手伝ってくれた 「フランクフルト」「飲み物」コーナー

P1210268.JPG

ゲストは 昔ながらの紙芝居 「たまちゃんの玉手箱」でした。子どもたちは夢中になって、世界に引き込まれていました。

P1210269.JPG

暑い中でしたが、たくさん参加していただきありがとうございました。

  • hodumi | 
  • 2018-05-29 09:30

入園・進級式をしました

4月7日土曜日に入園・進級式をしました。

新しく保育園に通う子どもたち、進級した子どもたちもみんなで楽しい時間を過ごし、これからまた新しい1年が始まるなと期待に胸が膨らみました。

年長5歳児のさくらんぼぐみの子どもたちは、ペープサートを作り、保育園の事を発表してくれました。

前日には「ドキドキする...」と緊張した様子の子どもたちでしたが、「みんなでやろう」と友だちの存在を力にして、堂々と発表していました。大きな拍手をもらい、"さすが年長さん"という姿でした。

DSC02740[1].JPG

  • hodumi | 
  • 2018-04-09 14:24

おいしいお味噌にな?れ

 5歳児さくらんぼぐみが、昨年度に作った味噌が毎日のように、給食の味噌汁に使われています。

 給食が大好きな子どもたちとそんな話をしながら食べていると、4歳児おれんじ組の子どもたちが、「じぶんたちもつくりたい」と目をキラキラさせて言っていました。さくらんぼぐみに憧れいっぱいのおれんじ組は何でも一緒のことがしてみたいのです。

 味噌はいったいどうやって作るのだろうと担任と一緒になって調べたり、お家で聞いてきたりと、夢中になって、大豆と麹と塩がいることがわかり、毎日のように家でも「みそつくるねん」と言っていた子どもたち。ついに、味噌づくりをしました。

1日目 大豆を洗う

2日目 ?炊いた大豆をすりつぶす

DSC02124.JPG

?塩と麹を混ぜる

DSC02128.JPG

「ちょっと、こうじって、かわったにおいや?」

 ?大豆と塩と麹を混ぜる

DSC02135.JPG

 ?混ぜたものを団子にして瓶につめていく

DSC02137.JPG

 2日目は、一時間くらいの長い時間でしたが、麹以外の菌が入るとおいしい味噌ができないから、しゃべらずに、マスクと手袋もつけて、集中して作っていました。

 おいしい味噌が出来上がるのは、さくらんぼぐみになって、運動会が終わったら。ととても楽しみにしています。

  • hodumi | 
  • 2018-01-18 13:05

餅つきをしました

 1月10日に餅つきをしました。

 お正月の文化を伝えるために、餅つきには「おかめ・ひょっとこ」「獅子舞」が登場します。

DSC02065.JPG

 出てきた獅子舞は少し怖いけれど、一年間元気いっぱい、友だちと遊べるようにと、勇気を出して頭を噛んでもらいました。

DSC02068.JPG

DSC02073.JPG

 餅つきは保育者がするのを、「がんばれー」「よいしょー」と掛け声で応援し、つきたてのお餅を、3・4・5歳児は、しょうゆときな粉をつけて食べました。

DSC02078.JPG

DSC02079.JPG

「おもちおいしー」

 なかなか地域の中でのおもちつきがなくなってきているので、子どもたちにとっても職員にとっても、とてもいい機会になりました。

  • hodumi | 
  • 2018-01-12 16:58

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。2018年もどうぞよろしくお願いいたします。

これから5歳児は小学校へ向けて気持ちも体ももう一回り大きくなります。そんな5歳児に憧れて、小さなクラスの子どもたちも、もうすぐ一つ大きくなるんだ、と大きく成長することと思います。

今年も、子どもたちの笑顔があふれる一年にしたいと思っています。

DSC02034[1].JPG

  • hodumi | 
  • 2018-01-01 00:00

今年も一年ありがとうございました

もう早いもので、2017年も終わります。今年は水尾保育園10年目をむかえ、新園舎の建て替え、園庭の整備、定員増と様々なことがあった一年でした。その中でたくさんの方に支えられて、子どもたちが元気に毎日を過ごすことができました。ありがとうございました。

来年もどうぞよろしくお願いします。

よいお年を

  • hodumi | 
  • 2017-12-29 07:00

お楽しみ会がありました

12月16日(土)に、お楽しみ会がありました。

お父さん・お母さん・おじいちゃん・おばあちゃんと一緒に各クラス、クリスマスの制作をしたり、一緒にあそんだり、とても素敵な時間を過ごすことができました。

0歳児いちごぐみはトイレットペーパーを引っ張って、夢中になって楽しんでいました。普段子どもたちが楽しんでいる様子を見てもらうことができました。

DSC01853.JPG

1歳児りんごぐみは、クリスマスツリーの飾りを、ストローのひも通しをして作りました。少し難しいこともできるようになりました。

DSC01855.JPG

2歳児くりぐみ・とまとぐみは、ハサミで一回切りをして、糊付けをしました。真剣な表情でハサミを握る姿に成長を感じました。

DSC01882.JPG

DSC01876.JPG

3歳児めろんぐみは、ごっこの世界で、サンタクロースが道に迷わないよう、目印になるキャンドルを作りました。

DSC01888.JPG

4歳児おれんじ組は、〇△□などの折り紙を組み合わせて、いろいろな模様を構成し、かばんを作りました。お父さん・お母さんには、子どもたちが拾ってきた枝を組み合わせて、クリスマスツリーを作ってもらいました。とても素敵なツリーが完成していましたよ

DSC01873.JPG

5歳児は全体会で、『サンタさんからきたてがみ』『あのね、サンタの国ではね』の絵本をペープサートにして発表しました。大きなホールでみんなの前で言葉を言わなければならないので、ドキドキしながらでしたが、グループで前日も練習して、「ここはもうすこしこうしたらよくなるよ」と意見も言いあいながら創り上げていました。当日はみんな大きな声で大成功でした。合奏にも挑戦し、かわいいダンスと素敵な合奏で、小さいクラスの子どもたちも大喜びでした。

DSC01921.JPG

DSC01942.JPG

 さくらんぼぐみのお父さんお母さんも、一時間ほどの時間で合奏とうたを練習して披露してくれました。完成度の高さに、お父さん・お母さんたちのパワーを感じました。

DSC01952.JPG

 そしていよいよ、サンタクロースの登場です。鈴の音が聞こえると「サンタさんやー」と大興奮でした。一人ひとり手渡しでプレゼントをもらって、大満足の子どもたちでした。

DSC01970.JPG

DSC01984.JPG

  • hodumi | 
  • 2017-12-26 17:06

劇団風の子「ぱらりっとせ」

 12月1日に劇団風の子さんに園に来ていただきました。今年は劇団風の子中部(岐阜)の方が来られて「ぱらりっとせ」という公演でした。

 子どもたちは登園してセットを見ると「きょうはなに?」「どんなのがはじまるの?」「たのしみ」をワクワクドキドキした様子でした。

 0歳児から5歳児、どの子どもたちは釘付けになって楽しんでいました。

DSC01605.JPG

 岐阜県が生産全国1位の和傘をを使い、かくれんぼや、和傘での紙風船回しと、その土地特有の文化も交えながらで、子どもたちからは「おーー」と歓声があがったり、笑い声がでたりと、大盛り上がりでした。

DSC01623.JPG

DSC01611.JPG

難易度の高い 2人でのお手玉や

DSC01621.JPG

5歳児が運動会でした竹馬も、見上げるような高さで、子どもたちは憧れのまなざしでした。

子どもたちにとっても、職員にとっても、たくさんの良い文化に触れる機会となりました。劇団風の子さん。ありがとう

  • hodumi | 
  • 2017-12-04 18:34

炊き出しをしました

 11月28日(火)に地震の避難訓練をしました。

 同時に、もしも災害によって、電気・ガス・水道のライフラインが止まった状態で、保育園が地域の避難場所になった場合に、なにができるのだろうか?と考えて炊き出しの訓練を行いました。子どもたちにも、何のために炊き出しをするのかなど説明をして、実際に保育者が火を起こし、給食の「のっぺい汁」を作りました。

 災害は起きてほしくはないですが、地域の支援センターとしての役割も踏まえ、地域の中での保育園の役割も考えていかなければいけないと考えています。

  • hodumi | 
  • 2017-11-29 10:32

4歳児デイキャンプ

今年は初めて4歳児で、デイキャンプを企画し、どんなことをするのか?みんなで相談して、遠足・お弁当作り・夕食作り、を考えました。

遠足は、西河原公園まで歩きました。少し遠いかな?という保育者の心配をよそに、安威川の河川敷をどんどん進んでいく姿に、「自分たちで考えて待っていた日」とはりきっているのだなと感じました。

DSCN8098.JPG

西河原公園に到着すると、西遊記の世界で遊んでいる子どもたちの目の前に、金閣があらわれました。「ジャンボ滑り台を、おれんじぐみの孫悟空みんなが滑ることができたら、お経を返してやろう」と言います。お経を絶対取り戻すんだと、少しこわい子も、友だちと手をつないだり、友だちの応援を力にして滑りきることができました。

DSCN8044.JPG

ジャンボ滑り台の上に金閣が

DSCN8045.JPG

ちょっと怖いけど、頑張れー

無事お経を取り返すことができて大喜びの、おれんじぐみ孫悟空でした。

 園に帰って昼寝をしてからは、夕食作りです。コテを使って、野菜を切って、パエリアとポトフを作りました。あっという間になくなるぐらい、自分たちで作ったご飯は美味しかったようです。

DSCN8104.JPG

皮をむいて

DSCN8103.JPG

集中して、コテで切っています。

夕食後はお楽しみ、保育者による西遊記「孫悟空と次郎伸君との戦い」を見て、大満足の子どもたちでした。

お父さんお母さんがお迎えに来られた時には「みんなでデイキャンプできました」と誇らしげに報告していました。

  • hodumi | 
  • 2017-10-29 12:48

出張地域教室

いつもは園内でしている地域教室ですが、広く地域の子育て支援をできるようにと、今回はJA南支店をお借りして行いました。

年齢の低い子どもたちが多かったので、お母さんに抱っこしてもらいながら、大きな布を使ってあそんだり、触れあいあそびを中心に遊びました。

「だるまさんが」のお話では、ゆらゆらからだを動かしながら絵本を見ている姿がほほえましかったです。

P1210081.JPG

みんなで遊んだあとは、給食・看護・保育に分かれて、それぞれで相談会をしました。

普段の地域教室でも随時、相談があれば、お聴きくださいね。

  • hodumi | 
  • 2017-10-26 11:52