ほづみだより

防災訓練 子どもも職員も意識を新たに

防災の日ということで、防災訓練をしました。

子どもたちは、日頃の訓練のこともあり、さっと避難することができました。

DSCN2329_result.JPGDSCN2334_result.JPG

また、職員も備蓄品のチェック、防災グッツの使い方などをまた、確認することで防災意識を新たにすることができました。

日頃の積み重ねが大切だと思いました。

  • hodumi | 
  • 2019-09-18 08:33

プールも終わり、次は運動会

今年も、8月になるととても暑くなり、熱中症警報がでて、プールにはなかなか入ることができませんでした。本当にこの気象環境はどうなっているのだろうと思います。

その分、室内でいろいろな遊びを楽しみました。

DSCN2023_result.JPGDSCN0873_result.JPG

そんな中でも、夏後半になり、ちょっとづつ涼しくなってきて、プールには入ることができました。

DSCN1904_result.JPGDSCN1673_result.JPGDSCN1750_result.JPG

しかし、プールじまいの日はあいにくの雨。プールに入ることはできませんでしたが、この夏でがんばったことを各クラスが発表しました。

いっぱい頑張った子どもたちに、いっぱい泳げたねということでかえるクッキーが子どもたちに。そして、ごっこあそびをしているクラスには、たろう名人(なまず)かえるの仲間から手紙などが来て大盛り上がりでした。

P8302447_result.JPGP8302457_result.JPGP8302421_result.JPGDSCN2212_result.JPGP8302514_result.JPGP8302516_result.JPGP8302469_result.JPG

いよいよ10月は、運動会です。子どもたちも「こんなんしてみたい」と大盛り上がりです。

この暑い天気がはやくどこかにいけばいいのにと思っています。

  • hodumi | 
  • 2019-09-17 16:36

1・2年生のお里帰りがありました

1・2年生のお里帰りがありました。

学校が分かれている友だちも保育園で会うとすぐに打ち解けて、一緒に遊びだしていました。

1年生は初めてですが、2年生は昨年も経験しているので、1年生にうまく伝えながら、グループをうまく運営していました。

プールに入ったりリズムをしたりちょっと保育園に戻った気分で楽しんでいました。

夕食は、グループごとにカレー作り。たくさん作ったカレーもすべて食べてしまって、やっぱり小学生だなと思いました。

DSCN0873_result.JPG

  • hodumi | 
  • 2019-09-17 16:25

夏祭りは、あんぱるぬゆんたまつり

5歳児が中心になって、盆踊りの練習をしたり(小さい子に教えてあげている)、なつまつりの劇をして、小さい子を楽しめるようにいろいろなことを考えて夏祭りを盛り上げました。

今年は、『あんぱるぬゆんた』という歌劇をしました。

DSCN0741_result.JPGP8081698_result.JPGDSCN0932_result.JPG

毎日、歌を歌っていて、他のクラスの子どもたちもとても大好きになっていきました。

DSCN0780_result.JPGDSCN1026_result.JPG

夏祭りには、各クラスからちょうちんを作って飾ったり、食事も給食室の先生が、沖縄の料理を考えて、作ってもらい、その日の世界は沖縄になっていました。DSCN0750_result.JPGDSCN1030_result.JPG

  • hodumi | 
  • 2019-09-17 16:17

平和の日のつどい 今年のテーマは本当の平和って

毎年、8月に平和の集いを行います。私たちは子どもたちが健やかに元気に成長していくためには、平和であることが大前提だと考えています。だからこそ、私たちも平和について学び、また子どもたち、保護者のみなさんと一緒に考えらえる機会にとこの行事を位置付けています。

今年は、子ども達と保護者、職員が作ったおりづるを広島に届けました。

DSCN0592_result.JPG

子どもたちも、夕方お迎えの時に、保護者と一緒に折り鶴を折りました。

そんな時に平和の事を親子で話したりしていました。

そして、平和の日の集いでは、保護者に「平和ってどんなこと」とメッセージを書いてもらいました。子どもたちにも聞いてみると、「いっぱいあそべること」「みんなでなかよくすること」「アイスクリーム食べれること」「喧嘩しても話し合いをすること」と言っていました。

DSCN0687_result.JPG

また、職員も戦時中の沖縄のこと、戦後、現在の沖縄の現状を知り、平和について改めて考える機会になりました。

DSCN0689_result.JPG

また、『へいわってすてきだね』という絵本を読みました。この本は、与那国島に暮らす小学1年生(当時)の男の子、安里有生(あさとゆうき)君が書いた詩に長谷川義史さんが絵を描き絵本にしたものです。この詩は、「沖縄全戦没者追悼式」で安里君自らが朗読したものです。

子どもたちにも本当に伝わる内容で、子どもたちもじっとよく見ていました。

DSCN0690_result.JPG

これからも、平和への取り組みを続けていきます。

  • hodumi | 
  • 2019-09-17 15:56

梅干しづくりをしています

そらぐみは、梅干しづくりをしました。梅干しを洗い、重い石を乗せて、梅酢がでてきたら、乾かしてと一連の工程を楽しんで作りました。

今日は、しっかり乾燥させた梅干しを、瓶に詰め、梅酢を入れて保存できるようにしました。

DSCN0684_result.JPG

「いい匂い」とにおいをかぎながら、食べるのを楽しみにしています。

DSCN0686_result_1.JPG

  • hodumi | 
  • 2019-08-02 15:57

どろんこが楽しい季節になってきました

だんだん暑くなり、どろんこが楽しい季節になってきました。

泥の山、川を作って水を流したり、高い山を作って、水たまりにジャンプ。

体中泥だらけになって、楽しんでいます。

P6180508_result.JPG

  • hodumi | 
  • 2019-06-18 17:11

夏野菜がぐんぐんせいちょうしてきています

今年は、そらまめ、大根、ニンジン、ピーマン、トマト、キュウリ、なす、とうもろこし、ゴーヤ、おくら、そして、すいかです。

毎日、そらぐみが水遣りをしています。「ちょっと大きくなってきた。」「スイカ何個あるかな。」など観察もしています。

植物の成長、観察もそうですが、虫を発見したり、花の形の違い、命の大切さ、何個あるか足し算をしていったり、とった野菜をクッキング、何を作るか友だちと相談したり、農園活動は、実体験で学ぶ学校の様です。

P6180557_result.JPG

早く大きくなり、おいしく食べられるといいですね。

P6180559_result.JPGP5310122_result.JPG

  • hodumi | 
  • 2019-06-18 16:57

人形劇がほづみ保育園にやってきました

毎年、6月と11月にほづみ保育園の地域子育て支援センターでは、文化行事をおこないます。

これは、テレビなどの映像では、感じられない経験、実体験を大切にしたいからです。生の臨場感は五感を使って感じ取っていきます。

そして、人の温かみのあるものを子どもたちには直接感じてほしいと思うから行ってきています。

今年はブレーメンの音楽隊の人形劇でした。人形一つ一つの表情の違い、動きによって感情などを表現し、それを感じ取っていく子どもたち。

P6120398_result.JPG

子どもたちは、どんどんお話に引き込まれて行って、楽しく見ていました。

地域の子どもたちもたくさん来てくれました。子どもたちも楽しく見ていましたが、お母さんたちも楽しそうに見ていました。

次回もたくさんの親子にきてもらえたらいいなと思います。

  • hodumi | 
  • 2019-06-18 16:44

玉ねぎがたくさんとれてクッキング

今年は昨年と違い、天候もよく適度に天気で適度に雨が降り、作物にとってはとてもいい環境でした。

玉ねぎもすくすく大きくなり、みんなで収穫したものをクッキングしました。

餃子の皮ピザを作っているクラスがありました。包丁の代わりにこてを使って、細かく刻むのが子どもたちの作業です。

出来たピザはみんなお代わりをして、あっという間になくなったそうです。

P5290038_result.JPG

子どもたちに感想を聞くと、「おいしかった」「せんせいもたべて」と嬉しそう。そんな中に、「玉ねぎって目にしみるねん」と作業中感じたことを教えてくれました。こうして、経験して学んでいくんだなとうれしく思いました。

  • hodumi | 
  • 2019-06-18 16:37

憧れの風呂敷包み

お弁当を包むことができるようになると、風呂敷包みを作ります。風呂敷には、お布団を包んだり、服を包んだりします。

大きな布団を包むと、とても重くなるのですが、しっかり持っていきます。自分のことは自分ですることにつながっていきます。

風呂敷を作るためには、どんな色にするのかを相談し、どんなふうに染めるのかは、年長のクラスに聞きに行きます。

P6140426_result.JPG

こうして、わくわくが広がり、楽しみが増えていきます。

そうしてできた風呂敷なのでとてもうれしくて、各クラスに行って、みんなに見せていました。

「すてきなのができたね」と声を掛けられると、子どもたちも嬉しそうでした。

布団を風呂敷に包むのは難しいですが、楽しそうに頑張って包んでいました。

P6140486_result.JPG

  • hodumi | 
  • 2019-06-18 15:08

農園は夏野菜でいっぱいに

夏野菜の栽培の時期になりました。

今年は、トマト、キュウリ、ナス、ピーマン、ゴーヤ、インゲン、オクラ、ミニニンジン、ミニ大根、そして、ほづみ保育園名物のスイカです。

P5183014_result.JPG

玉ねぎは今が収穫時期です。玉ねぎを抜きながら、「チポリーノの冒険」の歌をにぎやかに歌って収穫です。

DSCN3006_result.JPG

これからは、ソラマメ、ジャガイモの収穫が近づいています。本当のそらまめくんのベットを子どもたちに見せて上げれればいいなと思います。

P5183015_result.JPGP5183016_result.JPG

子どもたちも毎日水やりをしています。早く大きくなれと願いながら丁寧に水をあげています。

P5162953_result.JPG

  • hodumi | 
  • 2019-05-18 16:04

子どもの日のつどいは大成功

5月の連休明けは毎年子どもの日のつどいを行います。

子どもの日のつどいを楽しくするために、各クラスはいろいろな素材・方法でこいのぼりをつくります。そらぐみは、自分たちでデザインや色の付け方など様々な方法で、こいのぼりを作ります。P5142656_result.JPG

今年は、たんぽぽでうろこを染めたこいのぼりと、うろこを絞り染めで染めてそこに自分たちが乗っているということをイメージしてつくり、こいのぼり全体は、自分たちで縫い上げて作りました。

そして、そらぐみが保育園で一番大きいということで、この日をどう楽しむか企画を考えます。クラスごとに、遊んであげるということになり、トンネルくぐり、新聞プール、こいのぼり取り、転がしどっちをしました。

P5142693_result.JPGP5142704_result.JPGP5142745_result.JPG

給食からも子どもの日のつどいでは、子どもたちにお祝いにこいのぼりの形をしたお寿司やお吸い物に入っているニンジンがこいのぼり型になっているものを用意してもらい、子どもたちもたくさん食べて何度もお変わりをしていました。

P5142827_result.JPGP5142764_result.JPGP5142760_result.JPGP5142877_result.JPG

それから、食後、そらぐみは農園に咲いている菖蒲を使って足湯体験。あったかい、いい香りがするとちょっとほっこり時間を過ごしていました。

P5142840_result.JPGP5142855_result.JPG

  • hodumi | 
  • 2019-05-14 20:49

春は散歩の季節です

春は散歩の季節です。虫も花もたくさん出てきました。

テントウムシやダンゴムシ、たんぽぽを摘んだり、わたげを飛ばしたりして子どもたちは季節を感じます。

DSCF3201_result.JPG

桜を見に弁天さんへ

DSC07770_result.JPG

上穂積公園に網をもって虫取りに。ちょうちょを捕まえられたかな?

DSCN2744_result.JPG

うみぐみ、そらぐみは、保育園から2キロの場所にある万博へ歩いて遠足に行きます。そらぐみは、うみぐみを連れていくということでとても張り切っていました。

かえってくると、疲れたと言いながらも、いっぱい遊んできた充実感で、目がきらきら輝いていました。

DSCN2806_result.JPG

いちごぐみは、保育園の隣にある農園に散歩です。いろんな草や花を触ったり、でこぼこ道を巧みに歩いています。

こうして、年齢に合わせて、いろいろなところに歩いていきます。散歩は、子どもたちの身体作りはもちろんですが、いろいろなものに出会ったり、時には、気持ちを大きくさせたり保育園ではとても大切な活動です。

  • hodumi | 
  • 2019-05-14 20:38

新年度が始まりました。今年度もよろしくお願いします。

新年度が始まり、子どもたちも、一つ大きなクラスになりました。

P4011261_result.JPGP4011223_result.JPG

一番小さいももぐみは、初めての保育園生活。赤ちゃんもそうですが、お母さん・お父さんたちも仕事復帰、初めての保育園と緊張します。保育園にいると、赤ちゃんの泣き声がたくさんすると、新年度が始まったなという気持ちにさせてくれます。大人も子どもも少しづつ慣れていきましょうね。

P4011247_result.JPG

一番小さかったももぐみは、隣のいちごぐみの部屋に。部屋の中のおもちゃを我が物顔で扱う姿を見て、大きくなったことを子どもたちも感じているんだろうなと思いました。P4011237_result.JPG

いちごぐみだったこどもたちは、りんごぐみに。部屋が一階になり、大きな変化です。椅子や廊下からはすぐに園庭が見えます。早速朝の会が終わると園庭でしっぽとりをして楽しいでいました。

P4011259_result.JPG

やまぐみは、部屋に変わったこともすごく喜びになるのですが、それよりも、自分たちの肩掛けカバンにシール帳、歯ブラシコップなどを入れていくことの喜びは、すごいものです。朝の用意を自分たちでするので、ひとつづつ丁寧に伝えていきます。それが終わると、各クラスに大きくなったことを報告です。その時に、肩掛けカバンを見せてくれるのですが、喜びで笑顔がいっぱいです。P4011255_result.JPG

うみぐみは、二階の部屋に来た事、廊下の使い方、部屋の使い方をそらぐみに教えてもらい、それだけでも大きくなった喜びいっぱいなのですが、そこに、扉付きのロッカーがあり、開けたり閉めたりして、喜びを実感します。

P4011252_result.JPG

そらぐみは、もう慣れたもの。朝の用意をさっと済ませて、「みんなに手伝いを聞きに行こう」「何か手伝いありませんか?」と聞きに来てくれます。自分のクラスだけでなく、保育園全体のことを考えているそらぐみです。自分たちが一番大きいクラスだということの自覚が満ち溢れています。

P4011249_result.JPG

どのクラスも1日しかたっていないのですが、気持ちが大きくなったように感じました。

こうして、また新たな一年が始まりました。今年度もよろしくお願いします。

  • hodumi | 
  • 2019-04-01 17:44

6年生のつどいをしました

6年生のつどいをしました。

思い出を話したり、中学校に行った時に何を頑張りたいかを話しました。

少し照れもありながら、勉強・部活などを頑張りたいと話していました。

P3231144_result.JPG

保護者の方もたくさん集まり、保育園の思い出話をして盛り上がりました。

P3231213_result.JPG

  • hodumi | 
  • 2019-03-25 20:26

子どもたちは次に向かって輝いています

卒園・修了式を行いました。

卒園式では、子どもたちは、はきはきと自分の名前、小学校を発表をしていました。次に向かっているなと感じました。

P3160824_result.JPG

4歳児からのメッセージ、職員のうたで卒園児を子どもたち、職員、保護者 みんなで卒園を祝いました。

P3160966_result.JPGP3161000_result.JPG

そのあとは、修了式です。

5歳児は、花笠、森は生きているの劇をして、子どもたちは表現を楽しみ保育園生活のまとめをしました。

P3120655_result.JPGP3140766_result.JPGP3120673_result.JPGP3080445_result.JPG

0歳から4歳児もリズムをいっぱいしました。スキップ、けんけん、手つなぎなどもいっぱい楽しみ、一年の成長を喜び合いました。

P3080419_result.JPGP3080251_result.JPG

写真は、その練習の様子です。

  • hodumi | 
  • 2019-03-25 18:37

3月11日 東日本大震災を忘れない

今年度は、大阪北部地震 大型台風など、大きな被害があり、自然の驚異を感じました。

私たちも、子どもを守るために、毎月、地震、火災、洪水などいろいろな設定を想定して避難訓練をしています。

そして、3月11日は、東日本大震災が起こった日です。この日は、早く寝て、睡眠時に地震が起こったという想定で、少し早く起こして避難訓練をしました。

日頃の避難訓練をしているので、子どもたちも寝起きにも関わらず、雰囲気を感じ、素早く非難することができました。

P3110622_result.JPG

そこで、子どもたちに震災の話をしました。子どもたちも、自分たちの経験をもとに、「避難の時には、せんせいの言ってることきかなあかん」「みんなで協力しなあかん」など話していました。

私たちも、いろいろなことを教訓にして、子どもたちを安全に守れるように努めていこうと思います。

P3110627_result.JPG

  • hodumi | 
  • 2019-03-25 17:08

お別れ会 楽しかったよ

うみぐみが、中心になってお別れ会をすすめていきます。今年のテーマは『森は生きている』。

そらぐみが今年一年をとおして楽しんできた話です。

各クラスが、壁面に森の動物を作って飾りました。

そして、会の始まりです。初めての司会も大きな声ですすめていくうみぐみ。そらぐみがしてきたことを自分たちができるのではりきっています。

会では、各クラスがそらぐみにお世話をしてくれたり、遊んでくれたりしたことをありがとうの気持ちで遊びました。

ももぐみは、「しおまいてぱっぱ」のわらべ歌遊び。

P3070036_result.JPG

いちごぐみは、「森は生きている」の中の「からすのうた」をうたいました。

P3070076_result.JPG

りんごぐみは、得意になったてまわしごまを披露。

P3070115_result.JPG

やまぐみは、合奏をしました。

P3070120_result.JPG

そしてうみぐみは、紐ごまの技を披露。

P3070136_result.JPG

どれも、とても素敵でした。うみぐみは、「森は生きているの動物たちが素敵」「とても楽しかったです。ありがとう」とそらぐみに言ってもらいとても喜んでいました。P3070143_result.JPG

午後からは、みんなが集まってクッキーパーティーです。まず、最初はうみぐみから、そらぐみにプレゼント。小学校にいっても使えるように、「ランチョンマット」をプレゼントしました。

ワンポイントに「森は生きている」の森が縫い付けてあります。そらぐみはもらって「森は生きている」といっしょやと大喜び。

次はみんなでおやつです。クッキーの形は「森は生きている」がテーマなので、森の木の形をしています。

P3070173_result.JPGP3070171_result.JPG

クッキーがとてもおいしくて、子どもたちはお代わりをするのに大行列になっていました。

みんなも、そらぐみといっしょにおやつを食べて楽しかったようです。

  • hodumi | 
  • 2019-03-07 17:30

第25期 20歳の集いをしました

第25期 20歳のつどいをしました。総勢16名の元園児が帰ってきてくれました。

顔を合わせると立派な成人の顔をしているので、誰が誰だかわかりません。

だけど、名前を聞くと面影が残っていて、思い出話に花を咲かせました。

DSCN1690_result.JPG

それから、みんなで交流をしました。それぞれ次の目標をもってがんばっていることが交流できました。

また、保育園当時の思い出を聞くと、「雪山のたちのりそりずべりのこと」「抜けそうな歯をぬいてもらったこと」「たこが食べれなくていまだに苦手なこと」

「やきいもをしたこと」「キャンプのあまごつかみで、弱っているやつをつかまえようとしたこと」「夜間保育の塩おにぎりがおいしかったこと」などまた思い出話にはなが咲きました。

帰ってきてくれたことをうれしく思うこととこうやって、20歳になってもまた戻ってこれる場所を私たちも残していかないといけないと思いました。

  • hodumi | 
  • 2019-03-04 19:30

サッカー大会がんばりました

そらぐみは茨木市私立保育園連盟サッカー大会に参加しました。

子どもたちは、日々サッカーを楽しんでいました。

当日、ボールを一生懸命追いかけて頑張っていました。

サッカーで、みんなで頑張ることをいっぱい学びました。

DSCN1680_result.JPG

  • hodumi | 
  • 2019-03-04 18:33

みんなで応援 発表会

発表会前日 子どもたちは朝から「今日はがんばれおやつだ。どんなのになるかな」と楽しみにしています。

午前中も子どもたちはいっぱい発表会の練習を楽しみました。

3時です。昼寝おき、保育士が「今日は、がんばれおやつだよ」と声をかけると、すぐさま目を覚まし布団をもって部屋へ帰ります。

ももぐみは、いつも遊んでいるおもちゃの形をしています。

P2080001_result.JPG

いちごぐみは、せんたくかあちゃんごっこの洗濯物です。実は、雲に隠れていて洗濯物が見えなかったのですが、雲を取り除くと、お日様と洗濯物が出てきました。わくわくどきどきの演出です。

P2080043_result.JPG

りんごぐみは、おおかみと七ひきのこやぎです。家の中はどうなっているのかな?

P2080009_result.JPG

やまぐみは、きんいろあらしのやなぎむらです。やなぎの葉で作られた家の中には、虫たちの家族が勢ぞろい。

P2080040_result.JPG

うみぐみは、おおさむこさむです。大きくなったゆきぼうずを「がんばるぞ」という気持ちで、食べてしまいました。

P2080026_result.JPG

そらぐみは、ホップステップジャンプくん。悪いムラクを、みんなでやっつけようと子どもたちの気持ちは一つです。

P2080032_result.JPG

こうして、給食室から子どもたちに心によりそったおやつが送られます。保育園の給食は、子どもたちの栄養を考えることももちろんですが、気持ちを支える、心を育むとても大切な役割を果たしています。すなわち食、給食は子どもたちの豊かに育てる保育の一環なのです。

そして、当日。保護者に見てもらっている嬉しさと緊張。また、友だちと楽しく遊んでいる姿、素敵な自分を見てほしい、と子どもたちはとてもいい顔をして発表会を楽しみました。

P1010473_result.JPG

先生と一緒におもちゃを使って、押したり、持ち上げたり、乗ったりまねっこをしていっぱい楽しみました。

P2080109_result.JPG

洗濯上手な子どもたち。きれいに掃除をして、しっかり洗って洗濯物を干しています。気持ちはせんたくかあちゃんです。(もちろん、つもり遊びです。)

P1010109_result.JPG

おおかみが来るかもしれないとどきどき。でもお母さんがいるから大丈夫。留守番を頼まれた子ヤギたちは、上手にオオカミと見破って留守番できました。

DSC07176_result.JPG

なかよしの虫たちは、お茶パーティーです。きんいろあらしがやってきて、飛ばされた仲間をかめきちおじいさんの力もかりて、助けることができました。よかったね。

P2080246_result.JPG

おおばあちゃんが作ってくれたマントをつけてそりすべり。大きな声でセリフを言っていました。

P2080353_result.JPG

ホップステップジャンプくん。ムラクをやっつける場面では、みんなで気持ちを込めて演じていました。

P1010099_result.JPG

最後は、3歳、4歳、5歳のうたです。どのクラスも大きな声で元気よくうたをうたいました。

  • hodumi | 
  • 2019-02-15 12:24

節分、そらぐみが鬼を追い払ってくれました

2月3日は節分です。保育園では、2月1日に節分を行いました。

子ども達に無病息災、元気で一年が過ごせますようにと、みんなで恵方(今年は東北東)を向いて、静かに恵方巻を食べました。

P1010324_result.JPG

今日は、鬼が来ることを子どもたちも知っています。だから、いわしも鬼がにおいを嫌うので、頭から丸かじりです。

P1010243_result.JPG

そらぐみは、この1週間、みんなでどうやってやっつけるかを考えて練習していました。

そこで思いついたのが、ホップステップジャンプくん(今、発表会の劇で取り組んでいる絵本)のように、ジャンプをして鬼を、ぐらぐら揺らして動物たちみたいに風を起こして、吹き飛ばそうという作戦です。

そして、鬼が来る時間になりました。そらぐみとうみぐみは、みんなを守るためにホールに集まります。りんごぐみとやまぐみは、上に避難してそらぐみ、うみぐみの応援です。

「鬼をやっつけるぞ」とそらぐみはその気になっています。うみぐみは、そらぐみに守ってもらえるから、鬼に豆を投げようと考えています。

そして、園庭に鬼がやってきました。びっくりして子どもたちは、ホールの隅っこに逃げます。

P1010346_result.JPG

おにが、金棒をどんどんと床に打ち付けて、近づいてきます。子どもたちも、豆を投げますが、なかなか鬼も引き下がりません。

P1010367_result.JPG

しかし、そらぐみも勇気を振り絞って、考えてきた作戦をしました。すると、鬼がひるみ、最後には外に追い出すことができました。

ほっとしたそらぐみは、やったと喜ぶ子、安心して泣いている子でもやっつけたという実感は子どもたちの自信になったと思います。

こうして、仲間とともに、一緒に考え力をあわせたことは、記憶に残ると思います。

最後に、そらぐみが「今度来たときは、うみぐみさんがんばってください」とうみぐみにいうと、うみぐみは「・・・・(次は自分たちか)」言葉なく引き継がれていきました。

しかし、来年もまたそらぐみが追い払ってくれると思います。

  • hodumi | 
  • 2019-02-01 19:11

雪山で思う存分遊んできました

今年も、暖かい日が続き、果たして雪山に行けるのかと心配をしていましたが、正月の寒波のおかげでたくさん雪が降り、雪山に行くことができました。

雪合戦をするのが楽しみ。立ち乗りでラムネつかみをするのが楽しみ。かまくらを作りたい。おいしいお鍋をいっぱい食べたいなど、子どもたちもすごく楽しみにしていました。

前日の行ってきます会では、年中のうみぐみに、「雪を持って帰ってきてください。」とお願いをされて、「まかしてください」と答えていました。

DSCN0115_result.JPG

また、うみぐみからそらぐみに安全に雪山で遊べますように、天気が晴れていっぱい雪が降って遊べますようにと気持ちを込めてお守りを作ってくれました。

そらぐみもそれをもらって大喜び。

当日、バスに乗って出発です。高速を走っていくと、ちらほら雪が見られます。その雪に大喜びしながら、バスの中では、歌を歌ったりクイズをしたりして、楽しみながら行きました。

雪山では、かまくらづくり、雪合戦を楽しみ、すべり台のように雪の山を滑り降りたり、そりに乗って遊んだり、2泊3日を身体も心も解放して思いっきり遊びました。だから、お鍋もカレーもいっぱい食べてもう大満足。

DSCF2468_result.JPGDSCF2531_result.JPGDSCF2601_result.JPGDSCF2774_result.JPGDSCF2878_result.JPGDSCF2661_result.JPGDSCF2677_result.JPG

朝、起きると朝焼けがきれいだったり、つららができているのを見たり、自然の神秘をたくさん感じることもできました。

DSCF2588_result.JPGDSCF2589_result.JPG

そして、帰る時には、子ども達「もっと遊びたかったな」保育士「先生も楽しかったから、一緒にもう一回泊まる?」「それもいいけど、でも家族が待ってるしな」とちょっと家も恋しくなりなりながら、保育園に帰ってきました。もちろん、うみぐみの雪も持って帰ってきましたよ。その雪で、うみぐみは、ちっちゃな雪だるまを作ったそうです。

  • hodumi | 
  • 2019-01-15 16:10

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

お正月、子どもたちもお正月休みを過ごし、少し大きくなったように感じられた新年。

一年の健康を祈り、新春のつどいを行いました。

初めに、お正月の話をし、おかめとひょっとこが羽子板をしてお正月あそびを見ました。

DSCN0007_result.JPG

そして、ししまいの登場です。

DSCN0011_result.JPG

小さい子はちょっと怖がっていましたが、大きい子どもたちは無病息災を祈り、噛んでもらいました。

DSCN0013_result.JPG

今、お正月にししまいを見るという機会も少なくなってきていると思います。ちょっとでも伝統文化に触れ楽しめたらと思います。

  • hodumi | 
  • 2019-01-15 16:02

2019年度 2月11日 採用試験のご案内  

2019年度 採用試験のご案内

開催日     2019年2月11日(月)AM1000から

場所      ほづみ保育園  ホール(茨木市上穂積2-3-45)

採用人数    法人内で2から3名(2019年4月採用)

勤務場所    ほづみ保育園・なかよしわんぱく保育園・水尾保育園

        3園のいずれか

*採用試験に際しては、随時施設見学を予定しています。

事前にご連絡いただけたら日程調整をします。体験も受け入れています。

*その他詳細は別紙求人申込票をご参照ください

(法人本部連絡先)茨木市上穂積2?3?45

担当 坂手 佳子  電話 072-627-5200 FAX 072-623-9100

採用試験のご案内.pdf 

求人パンフレット.pdf

常勤保育士・土曜日パートを随時募集中

常勤保育士

採用人数    法人内で2から3名(2019年4月採用)

        対象者(新卒および経験者)

勤務場所    ほづみ保育園(茨木市上穂積2-3-45)

        なかよしわんぱく保育園(茨木市上穂東町1-13)

        水尾保育園(茨木市水尾1-12-15)

        3園のいずれか

詳細は、ファイルを参照してください。

土曜日パート  

勤務地 ほづみ保育園

勤務時間 8:30から17:00 もしくは 9:00から17:30

詳しくは、電話 もしくは メールにて

  • hodumi | 
  • 2019-01-07 17:05

お正月を迎える準備です

今年も、いよいよあとわずかになりました。

保育園も、正月の準備をしていきます。

各クラスでは、正月飾りをつくり、部屋の掃除をし始めます。

そして、恒例の行事の餅つき大会がありました。

全園児が集合して、お正月を迎えるお話を聞き、餅つきをします。

DSCN0686_result.JPGDSCN0708_result.JPG

各クラスの保育士が順番につき、そらぐみが年長としてつきあげます。

DSCN0694_result.JPGDSCN0715_result.JPG

重い杵を持ち、力強く餅をついていきます。それを見ているうみぐみは、あこがれのまなざしです。

そうして、つきあがったお餅を食べます。

DSCN0728_result.JPG

  • hodumi | 
  • 2018-12-22 13:53

サンタがやってきました

クリスマス会がありました。

今年は、保護者とこどもたちと一緒に、交流をしたり、クリスマスなどのかざりをつくりました。

ももぐみは、一緒にわらべ歌あそびをたのしんで交流をしました。

DSCN0299_result.JPG

いちごぐみは、モールにストローを通して、かわいいリースをつくり、ツリーに飾りました。

DSCN0282_result.JPG

りんごぐみは、カラスのぱんやさんごっこをして、パン作りを楽しみました。

DSCN0225_result.JPG

やまぐみは、紙皿のリース作りをしました。

DSCN0272_result.JPG

うみぐみは、エルマーの冒険ごっこをしていて、本の中に出てきた動物を作りました。

DSCN0347_result_1.JPG

そらぐみは、全大会で行われる森は生きているの劇、保護者には、「森は生きている」のうたを合唱してもらい、クリスマス会を盛り上げてもらいました。

DSC_0275_result.JPG

そらぐみの劇は、小さい子たちを楽しませたい、サンタさんに見てほしいという願いがあり、大きな声でセリフを言ったり歌を歌って頑張っていました。

DSC_0353_result.JPG

そして、いよいよサンタさんの登場。子どもたちも大喜びでプレゼントをもらいました。

DSCN0451_result_1.JPG

そのあとは、みんなで軽食です。ポテトサラダのツリーは崩すのがもったいないくらい素敵でした。

子どもたちもおいしくてぱくぱく食べていました。

DSCN0561_result.JPG

  • hodumi | 
  • 2018-12-15 17:37

おいもが大収穫できました

夏、本当に暑い中、なかなか夏野菜ができないなか、スイカが大豊作だったのですが、この気象条件の中でさつまいもはどうだろうと心配をしていました。

試し掘りをしてみると、小ぶりのおいもが。これは、だめかもしれないと思っていました。

そらぐみが、保育園の代表として、まずひとうねを掘ってみました。いものつるを引っ張ると、まるで『さつまのおいも』のお話に出てくるようにすぽーんとたくさんの実をならしたお芋が出てきました。

DSCN0682_result.JPG

それから、そらぐみから、各クラスにおいもほりの結果を報告。みんな、おいもほりの日を楽しみにしていました。そして当日。

DSC06192_result.JPGDSC06203_result.JPGDSC06224_result.JPGDSC06230_result.JPGDSCN0851_result.JPG

どのクラスもおいもがたくさん掘れるのに大喜び。「重くて持てないよ」「めっちゃおおきいやん」「こっちもあるから掘りに来て」と大賑わいです。

今年は、紅あずま、鳴門金時、むらさきいも、安納芋と4種類。

それぞれ、どんな味か楽しみです。

  • hodumi | 
  • 2018-11-05 16:37

秋のいい季節 各クラス遠足に行きました

運動会が終わり、子どもたちも身体も気持ちも大きく成長したこの季節。気候もよくなり、各クラス遠足に出かけました。

いちごぐみ、りんごぐみはいつも行く上穂積公園へお弁当をもって遠足です。

いちごぐみは、「あんな、おべんとうもってるねん」と嬉しそうに話してくれました。リュックサックを背負って、その中にお弁当が入っているなんて、本当にうれしい事なのです。

DSCN0653_result.JPG

また、りんごぐみは、ねずみのいもほりという絵本のお話の世界を借りて、ごっこあそびです。毎日絵本のネズミになって、散歩先で、探検をしたり、バッタを捕まえたり楽しいんでいます。

DSCN0106_result.JPG

やまぐみ うみぐみ そらぐみは万博公園まで往復します。

やまぐみは、初めて歩いて万博公園に行くので、そらぐみが、一緒に手をつないでいきます。

そらぐみは、何度も言ったことがあるので、やまぐみの子に「もう少しやでがんばりや」「たいようのとうが見えるよ」と励ましながら、やまぐみを連れていきました。

DSCN0240_result.JPG

公園には、50分くらいで到着、そのあとは、やまぐみは芝生の広場で、おにごっこやなわとびをして遊びました。

DSCN0269_result.JPG

そらぐみは、そこから民族学博物館へ行きました。運動会で『スーホの白い馬』をしたので、モンゴルの生活やゲルなどを見に行きました。

DSCN0146_result.JPG

うみぐみは、やまぐみのときには、そらぐみに連れて行ってもらったのですが、今回は自分たちだけです。歩く速さもとても速くなり、気が付くと40分くらいで到着。

太陽の塔を正面から見て、そのあとは、自然博物館で、蜂の巣や、いろいろな虫、両生類を見て楽しみました。

DSC05997_result.JPG

お弁当を食べた後は、いっぱい走って、おにごっこやなわとびをして楽しみました。

それぞれ、自分たちが大きくなったことを体感できた楽しい遠足でした。

  • hodumi | 
  • 2018-10-29 16:19

運動会 子どもたちはとてもいい顔をしていました

前日が雨になり翌日に延期になった運動会。この日は、とてもいい天気になりました。

オープニングはそらぐみの「国頭さばくい」というおどりをしました。

ももぐみは、はじめての運動会。保育士といっしょにいつも遊んでいる姿を見てもらいました。

DSCN0435_result.JPG

いごぐみは、いつも見ているダンプカーに乗るおっちゃんになったり、ひとつのおもちゃをダンプカーやおふろなどいろいろなものに見立ててあそびました。

体育遊びもぶらさがったりのぼったり子どもたちが大好きなことをいっぱいしました。

DSCN0643_result.JPG

りんごぐみは、『10匹のかえるの秋祭り』の絵本の世界をかりてごっこあそび。運動会一週間前に、大事にしていたおみこしをねずみにとられましたが、運動会当日、かえるのきらきら(きらきらが好きなネズミ)をあげて、返してもらえました。後日、保育園で、りんごぐみの秋祭りでは、保育園内の子どもたちを招待してみんなで祭りを楽しみました。

DSCN0479_result.JPGDSCN0862_result.JPG

また、体育遊びでは、鉄棒、肋木のぼりをしていっぱい身体を使って楽しみました。

DSCN0668_result.JPG

やまぐみは、『ばったのぴょんこちゃん』のお話の劇ごっこをしました。ばったになったつもりで草を食べたり、シジュウカラが飛んで来たら、じっと草に隠れて、本当にバッタになったようにして遊びました。

DSCN0627_result.JPG

また、体育遊びは、前回りです。毎日少しづつ練習して、上手になりました。

DSCN0531_result.JPGDSCN0488_result.JPG

うみぐみは、『みつばちピー』のお話の劇です。ミツバチが最後にみんなと一緒にいることの楽しさ、喜びをいっぱい楽しみました。

DSCN0735_result.JPG

また、体育遊びでは、うんてい、ぼうのぼり、てつぼうのこうもりをして楽しみました。

DSCN0571_result.JPGDSCN0600_result.JPGDSCN0559_result.JPG

そして、最後に年長のそらぐみは、『スーホの白い馬』の劇をしました。スーホや白馬の気持ちを毎日毎日考え、劇にしました。最後に、白馬が、スーホのもとに帰ってくるときの気持ち、その時のスーホの気持ちはとても子どもたちも気持ちが込められていて、さすがそらぐみさんという感じでした。

DSCN0770_result.JPG

体育遊びは、足に豆をつくりながら、がんばった竹馬や、跳び箱、そして、自分の気持ちを乗り越え飛び越えて行く板とびをしました。そらぐみの姿は、小さい子にもとてもあこがれになり、運動会が終わってからは、「竹馬したい」小さい子もおもちゃを竹馬に見立てて、竹馬あそびとどんどん広がって行きます。

DSCN0815_result.JPGDSCN0828_result.JPG

運動会では、また一つ大きくなり、子どもたちの成長を感じることができました。

  • hodumi | 
  • 2018-10-13 18:12